SEVENTEEN ドギョムのメガネ追っかけてみた(GOING SEVENTEEN 編)

久しぶりにゴセ見たけど、やっぱり面白かった〜

韓国の13人組ボーイズグループSEVENTEENの自主制作コンテンツ「GOING SEVENTEEN」は、メンバー同士でゲームをしたり、料理、クイズなどのバラエティ番組です。

毎週新エピソードが更新されていますが、現在、リニューアルのため放送は休止中ですが、つい先日スペシャルとして復活!
SEVENTEENのワイワイムードは健在で、今までのエピソードでの爆笑シーンや思い出のシーンなど振り返る内容でした。

メンバーのドギョムがメガネをかけての出演だったので、追っかけていきたいと思います。

「RIETI」

今回、番組内でドギョムがかけていたメガネは、「RIETI」のものです。

ユニセックスで楽しむことが出来る、韓国発アイウェアブランド「RIETI」(リエティ)。
手ごろな価格ながらトレンド感のあるデザインは、多くの韓国芸能人やセレブが愛用していることでも注目されています。

「RIETI」BIJOU RT3033

フレームカラー ブラック
ボストンタイプ

SEVENTEEN ジョンハン、ミンギュ、ドギョム、ディノのメガネ追っかけてみた(Weverse編) SEVENTEEN ドギョムのメガネ追っかけてみた(GOING SEVENTEEN 2020EP.3編)

まとめ

今回、ドギョムがかけていたメガネは、韓国のアイウェアブランド「RIETI」のものでした。

レンズを外して、だてメガネの状態でかけていました。テレビなど照明がたくさんある撮影などでは、レンズが光を反射して、視聴者側からは目が見えなくなってしまうので、レンズを外してる事が多いです。

目が見えないと表情がわからないですからね。度がない、だてメガネとしてかけるなら、レンズを外す方法もありです。

ただ、光の反射を抑えるコーティング(マルチコート)を施してあるレンズもあります。度付きのウォヌはこういうレンズをいれてます。

これからも、SEVENTEEN ドギョムのメガネに注目していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA