SEVENTEEN ウォヌのメガネ追っかけてみた(GOING SEVENTEEN 2022 EP.36,37編)

やっぱりウォヌはメガネが似合うよね〜

韓国の13人組ボーイズグループSEVENTEENのメガネ男子といえば、ウォヌ。ステージ上では、メガネ無しが多いですが、普段はメガネ着用率は高いです。

特にSEVENTEEN独自のバラエティ番組「GOING SEVENTEEN 2022」では、メガネのウォヌがちょいちょい見られます。それ以外にも、メンバーの素の表情が垣間見れたりして、ファンじゃなくても楽しめちゃう。

「GOING SEVENTEEN 2022」のEP.36,37では、ウォヌがメガネをかけて登場でしたので、このメガネを追っかけていきたいと思います。

「MANOMOS」

番組内でかけていたメガネは、「MANOMOS」のものです。

セブチをはじめ、BTSやT×Tなど多くの芸能人が着用しているアイウェアブランド「MANOMOS」。

「MANO」はスペイン語で「手」、「MOS」は「ミューズ」の略。
現代的でクラッシックなスタイルを基調としていて、快適さ、実用性、完璧なスタイル、堅実性、独自性、喜びの6つのインスピレーションを大切にしているアイウェアです。

2015年に設立した韓国のハウスブランド。
アイウェア製品の設計・製造・販売・を行っています。本社と旗艦店はソウルにあります。

MANOMOSには3つブランド、「MANOCLASSIC」「MANOFANTA」「ITZMO」があり、合計300の製品があります。
韓国では439の小売店とオンラインモールで購入できるそうです。

「MANOMOS」UNIVERSE C3

フレームカラー クリアピンク
ウェリントンタイプ

SEVENTEEN ウォヌとミンギュのメガネ追っかけてみた(SNS編) SEVENTEEN ウォヌのメガネ追っかけてみた(Ode to you編)

まとめ

今回、ウォヌがかけていたメガネは、韓国のアイウェアブランド「MANOMOS」のものでした。

ウォヌはあまり口数が多い方ではなく、クールな印象を持っている方も多いと思います。「GOING SEVENTEEN」では、こんなに笑顔を見せる暖かい人柄がよくわかります。
「ベストオブメガネ男子」としては、もっといろんなメガネをかけてほしいですね~。

これからも、SEVENEENウォヌのメガネに注目していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA