SEVENTEEN ウォヌのメガネ追っかけてみた(センイル編)

ウォヌ、お誕生日おめでとう〜

韓国の13人組ボーイズグループSEVENTEENは、4thフルアルバムのリパッケージ盤「SECTOR 17」を発売して、7作連続でミリオンセラーを達成。
そして、さらにただいまワールドツアー真っ最中という大忙しのSEVENTEEN。

メンバーのウォヌはつい7月17日がお誕生日でした。かわいいケーキとともにカッコいいウォヌのショットがSNSにて投稿されていました。
「ベストオブメガネ男子」のウォヌは、ステージ上ではメガネを着用することはないですが、普段はメガネが多いのも個人的にはとても嬉しい。
今回もこのウォヌのメガネを追っかけていきたいと思います。

「Chrome Hearts」

ウォヌがかけているのは、「Crome Hearts」のメガネです。

「Chrome Hearts」クロムハーツは、アメリカを拠点とするファッションブランドで、シルバーアクセサリー、レザー関連製品が中心ですが、アパレル全般、ベビー&キッズアイテム、サングラスなどアイウェアとトータルで展開しています。

独自の感性で展開するクロムハーツのアイウエアは、無骨でありながらもシックでゴージャス。
リムやテンプルに施されたクロムハーツのアイコン、クロスやダガー、フレアーなどの装飾は、925スターリングシルバー専門の銀細工師によるハンドメイド。

キング・オブ・シルバーの名に相応しい風格とバイカーファッションをルーツとするワイルドさを兼ね備えた他にはない魅力的なデザインは、多くのファンを惹きつけてやみません。

シルバーアクセサリー同様、職人が1つ1つ丁寧に作り上げる、まさにアクセサリーとアイウェアの融合ともいえるクロムハーツのメガネやサングラス。
実はそのほとんどがメイド・イン・ジャパン。世界のアイウェア生産シェアの20%を占めるメガネの聖地、福井県鯖江で生産されています。その確かな技術力とクオリティは、繊細なデザインとともに、高い耐久性を実現した見事な逸品で、世界中のセレブを魅了しています。

「Chrome Hearts」DARLIN

フレームカラー ブラック

同フレームのウォヌ

まとめ

ウォヌがかけているメガネは、「Chrome Hearts」(クロムハーツ)のものでした。

シンプルなフレームですが、プラスチックのフロント部分はしっかりとしたツヤもあり、上品さも兼ね備えたフレームです。
ウォヌにぴったり〜です。

これからもウォヌのメガネに注目していきたいと思います。

ウォヌ、センイルチュッカヘ〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA