SEVENTEEN ウォヌとミンギュのメガネ追っかけてみた(SNS編)

ウォヌのあけましておめでとう動画、メガネかけてた〜
やっぱりウォヌはメガネ似合うわ〜

韓国の13人組ボーイズグループSEVENTEENの公式Twitterで、メンバーのウォヌ、ジョシュア、ミンギュ、ドギョム、スングァンの5人が「CARAT、あけましておめでとう!」と、新年のあいさつを動画にて元旦に投稿しました。

ウォヌとミンギュがメガネをかけていたので、追っかけていきたいと思います。

「MANOMOS」

今回ウォヌがかけていたメガネは、「MANOMOS」というブランドのものです。

セブチをはじめ、BTSやT×Tなど多くの芸能人が着用しているアイウェアブランド「MANOMOS」。

「MANO」はスペイン語で「手」、「MOS」は「ミューズ」の略。
現代的でクラッシックなスタイルを基調としていて、快適さ、実用性、完璧なスタイル、堅実性、独自性、喜びの6つのインスピレーションを大切にしているアイウェアです。

2015年に設立した韓国のハウスブランド。
アイウェア製品の設計・製造・販売・を行っています。本社と旗艦店はソウルにあります。

MANOMOSには3つブランド、「MANOCLASSIC」「MANOFANTA」「ITZMO」があり、合計300の製品があります。
韓国では439の小売店とオンラインモールで購入できるそうです。

「MANOMOS」UNIVERS C3

フレームカラー ピンク
ウェリントンタイプ

SEVENTEEN ウォヌのメガネ追っかけてみた(文明特急編)

「GENTLE MONSTER」

今回、ミンギュが着用しているメガネは、「GENTLE MONSTER」のもの。

2011年に韓国で誕生した「GENTLE MONSTER」は、国内にとどまらず、ロンドン、ニューヨークにも店舗を構えるアイウェアブランドです。

他のブランドとのコラボレーションすることも多く、ニューヨークを拠点とするファッションブランド「alexanderwang」(アレキサンダーワン)とサングラスを販売、
ウェイ)との共同開発によるスマートグラス(メガネ型ウェアラブル端末)を発表しました。

商品は個性的なものが多く、韓国では多くの芸能人が着用していることで有名です。

「GENTLE MONSTER」Choice.YK01

フレームカラー ブラック
スクエアタイプ
レンズはUVカット、ブルーライトカットレンズ


SEVENTEEN ミンギュのメガネ追っかけてみた(Power of Love Concert編)

まとめ

今回、ウォヌがかけていたメガネは「MANOMOS」、ミンギュがかけていたメガネは「GENTLE MONSTER」のものでした。
2つとも韓国のアイウェアブランドです。
ウォヌは、近視のため度付きのメガネになっていて、普段からこのメガネをかけていることが多いです。一方、ミンギュは、度付きではなく、そのまま度無しでかけているようです。

ウォヌはメガネがよく似合う!どんなタイプのメガネでもかけこなしてしまう「ベストオブメガネ男子」です。
ミンギュもSNSなどではサングラスをかけていることが多いですが、セクシーにかけこなします。

元旦のSNS投稿だなんて、ファンにとっては嬉しいですよね。半面、メンバーにはお正月くらいゆっくり休んでほしい気持ちもありますけどね、忙しいんでしょうねえ。

これからも、SEVENEENウォヌ、ミンギュのメガネに注目していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA