SEVENTEENウォヌのメガネ 追っかけてみた(ゴセEP.16 キックボール編)

ウォヌ、またゴセでメガネかけてた~
ほんと、似合う~

韓国の13人組ボーイズグループの「SEVENTEEN」。中でも、よくメガネをかけているのはウォヌ。

メガネかけてなくてもカッコいいですが、かけるとさらにいい!

彼らの自主製作コンテンツ「GOING SEVENTEEN2021」(通称ゴセ)では、バラエティの要素を保ちつつ、ゲームなどに挑戦したりする動画がYouTubeで毎週水曜日に更新されています。

ウォヌは時折、メガネ姿で登場することもあって、
今回は、この「GOING SEVENTEEN2021 EP.16のキックボール編」からウォヌのメガネを
追っかけていきたいと思います。

GOING SEVENTEEN2021 EP.16 キックボール前半編

今回のテーマはキックボール(キックベース)。2つチームに分かれて対戦スタートです。

今回のウォヌ、クリアなフレームを着用

ちょっと影になってるので見えにくいですね…

おっ、これなら見えます。はい、見えますか?

セルのウェリントンタイプのクリアなフレーム。

こっちの方が、メガネがハッキリ見えますね。

メガネより、ウォヌの髪の毛のツヤがハンパない。
つやっつやです。

何でこんなに似合うんでしょう…?

と、思っていたら、
メンバーのディノも同じこと思ってたみたい。

「メガネが良く似合う~」

リーダーのエスクプスとの2ショット。なんだか、この笑顔に癒されます~


SEVENTEENウォヌのメガネ 追っかけてみた(ゴセEP.14編)

「JINS」JINS&SUN VERDY TypeV URF-21A-027

今回着用のクリアフレームを「JINS」より探してみました。
クリアカラーのセルフレーム、型はウェリントン。

セルフレームは、ブラックやトートイス(茶まだら)カラーが多く、クリアなカラーは比較的少ないです。

サングラスプレートを簡単に着脱できるJINS Switchです。
瞬間でサングラスに早変わり!便利ですね。

「JINS」JINS&SUN BASIC MRF-21S-107

同じく「JINS」より探してまいりました。

「10年経っても色あせないタイムレスなデザイン」をコンセプトに開発したそうです。
ウォヌ着用のメガネは、フレームの色がもっとクリアですが、まあまあ似ているモデルです。

「EYEVAN」 Haley

EYEVAN(アイヴァン)は、1972年に「着る眼鏡」をコンセプトとして生まれた、日本初のファッションアイウエアブランドです。
世界中から収集したアンティークアイウェアをデザインソースに、当時のEYEVANデザインチームが美意識と感性を加え、 熟練職人によってハンドメイドで制作されました。美しいアイウェアは、見る人かける人を魅了し世界中に多くの愛好者を生み出しました。

そのEYEVANから、ウォヌ着用メガネに似ているものを探してみました。

フロントとテンプルの間の合口部にオリジナルの飾り丁番を配したフレームです。

「MANOMOS」COSMOS B C4

「MANOMOS」は、SEVENTEENをはじめ、BTSなど多くの芸能人が着用しているブランドとして有名です。

カラーもクリアです。

SEVENTEEN ウォヌのメガネって?

まとめ

今回は、 「GOING SEVENTEEN2021」 よりウォヌのメガネに注目して、似ているモデルを「JINS」や「EYEVAN」「MANOMOS」で探してみました。

あくまでも、似ているモデルですので、同じモデルではありません。

メガネもブランドによってフレームのカラーからサイズ、形、パーツがそれぞれ違うので、
同じモデルを探すのは難しいですが、似たようなモデルなら探すことができます。

似ているモデルをかけてウォヌになりきってみるのもアリですね。

これからも、ウォヌに注目していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA