MRI

MRIって、よく聞くワードだと思います。
ご存じの方も、経験された方も多いと思います。

MRI検査は強力な磁石でできた装置の中で、その磁力と電波を使ってからだの内部を画像化する検査です。X線を使わないので、放射線被ばくはありません。

引用元:金沢大学附属病院 放射線部

その強力な磁石とやらで、
ものすごい音がします。
イメージでいうと…、

寝たままドラム缶の中に入って、
金づちや、ドリルで音を出すけど、
絶対動かないでね~

これ、ちょっとした「いじめ」みたいな気分になります。
工事現場の音を間近で聞いているような。

 

ヘッドフォンつけてくださいね~

 

あら、優しい。
いじめられてるわけではなかった。

 

音楽も流れますので~

 

あらま、ごめんなさい、疑ったりして。
もう、始めからそう言ってよ。

 

はい、素直にヘッドフォンつけます。

 

…うん、なんとなくクラッシックが流れてる

でも、あれ?

だんだん、工事現場の音がすごいよ。
クラッシックの音楽どこへ行った?

ガーガー、ギーギー。

やっぱりいじめられてるのかも…。

 

頭から足まで全身の骨や筋肉・血管といった組織や内臓を診ることができます。特に、頭の中の「脳」や、骨盤にある「子宮・卵巣」、「前立腺」といった臓器は、X線CT検査よりも良いコントラストで画像化できます(白黒の差がはっきりしている)。

引用元:金沢大学附属病院 放射線部

 

そう、いじられてる?いじめられてる?
わけではないのよね。

検査してますから~

ですよね。

 

病院の規模によってこういう検査機器の台数や種類は違うんでしょうけど、
先生からすれば診断する上で非常に有効な手段の一つなんじゃないかと
思うんです。

で、婦人科の先生に言われたのが、

「MRI撮って来て~」

でした。

勝手に大学病院の紹介状を持って、
そこでMRIを撮るものだと思っていました。

 

「大学病院のMRI、すごい混んでて。それ待ってたらいつになるかわかんないから、MRI専門のところがあるから、そこで…」

 

ん?MRI専門?

 

そうなんです、そういうところがあるんですね。
知らなかった。

画像検査のみのクリニック。

ずらっとありましたよ。
MRI、CT、超音波、マンモグラフィー

まず、思いましたよ、
これは儲かるね~と。
予約制だけど混雑しておりました。

仕事の帰りに行ったので18時くらいだったかな?
同じような方々が待合室にはいらっしゃいました。

観察しちゃうんだよね~
そういうところ行くと。

初めてのところだし、不安からそうさせるんでしょうけどね。

まず、目に入るのが壁のポスター、広告。

「女性のがん、死因のトップは!」

「検査の前に、貴金属類はお外しください」

なんかもっとポップな広告ないのかねぇ。
いや、そういうところだってわかってるけどさ。
やりようによってはいくらでも出来る気がするんだけどね。

 

トータル1時間ちょっとだったかな?

検査結果はそのままクリニックに送ってくれるとのこと。

 

あ~、やっぱり優しいじゃない~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA