Google Fitって?

スマホで健康管理できる時代になりました。

歩数計、カロリー消費、心拍数など管理できるアプリもたくさんあります。

Google Fit(グーグル フィット)は、Googleによって開発された健康管理アプリケーションで、
Google Fitアプリ単体では、端末の位置情報や各部センサーを用いて、ウォーキング、ジョギング、サイクリングなどの情報を収集し、グラフ化するなどして記録してくれるんです。

どんな運動をどのくらいやればいいの?

Google Fitは世界保健機構(WHO)と米国心臓協会(AHA)と共同で、
日常的に体を動かすことを推奨しています。

一週間に中程度の運動(早歩きで犬の散歩など)を150分以上
または、
一週間に強めの運動(ランニングなど)を75分以上

推奨する運動量は?

たった30分間の早歩きを週5日行えば、
WHOが「心臓病のリスク低減、睡眠の改善、精神的な安定」が見込まれるとして
推奨する運動量に達します。

ハートポイント(強めの運動)とは?

どのような運動をどのくらい行えば健康を維持できるのかを知るのは難しいので、
Google FITは世界保健機構(WHO)と米国心臓協会(AHA)と共同で、
健康増進に役立つアクティビティ目標として「ハートポイント(強めの運動)」を設定しました。

ハートポイント(強めの運動)を獲得するには?

心拍数を上げる運動によって獲得できます。
早歩き、ジョギング、水泳、テニスなどの運動で「ハートポイント(強めの運動)」を獲得できます。

どんな運動が記録できるのか?

Google Fitでは、ウォーキング、ランニング、サイクリングなどを記録できます。
ウォーキングの歩数や、サイクリング、サッカー、スキーをした時間などを確認できるのです。

まとめ

うまくアプリを利用して、健康促進に役立てていきたいですね。
日々のデータを記録、整理、アドバイスやヒントまで、お願いしちゃいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA