BTS Vのメガネ追っかけてみた(BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE編)

今回のライブではテテが負傷してダンスが見れなかったのが残念…
でもまたカッコいいサングラスかけてたな〜

BTSが10月24日、ソウルのオリンピック主競技場でオンラインコンサート「BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE」を開催しました。ワールドツアー「LOVE YOURSELF: SPEAK YOURSELF」のファイナル公演以来、約2年ぶりとなったスタジアムコンサートは、世界197カ国及び地域で視聴されました。

前日のリハーサル中に足を痛みを訴えたVは、医師の診断により激しいダンスを避け、椅子に座った状態での出演となりました。「ステージが出来ればそれだけでいい」と公演に対する情熱を語ったジョングクや他のメンバーと同様、入念に準備をし何よりもコンサートを心待ちにしてきたはず…。精一杯、完璧なパフォーマンスを見せたVですが、戸惑いと悔しさを抑えられなかったと話しました。

そんなVでしたが、ダンスがなくてもカッコよくて、セクシーにサングラスをかけてははずしたりといつものVでファンを魅了しました。

今回は、そのVのサングラスを追っかけていきたいと思います。

「RICK OWENS」

ライヴでVがかけてたサングラスは、「RICK OWENS」のものです。

1997年、リック・オーウェンスが自身の名を冠したファッションブランド、「RICK OWENS」を設立。
カルフォルニア出身でLAの学校でパターンとファインアートを学び、2001年には製作拠点をイタリアに移して、さらにパリへと移設。
日本においては、2009年に青山旗艦店をオープン。スニーカーやライダースジャケット、サルエルパンツなど数々の名作を世に送り出しました。

デザインは、どこかデカダンスでエレガントな「究極のモードスタイル」が特徴。ゴシックとグランジのミックスや、中性的なアプローチから無機質な動物的要素まで得意とするドレーピングで表現している革新的デザイナーの一人です。

「RICK OWENS」SUNGLASSES

フレームカラー クリーム
レンズカラー ブラック

フレームは100%ナイロン
made in Japanです。

まとめ

今回Vが着用していたサングラスは「RICK OWENS」のものでした。

フレームのフロント部分は適度なカーブがあり、顔に沿っているので視野が広く、自分の世界に浸れるサングラスです。
最近では、カーブがあるものでも度付きのレンズを入れることもできるので、眼鏡店で相談してみてください。

来月と再来月には、ロサンゼルスでの公演も控えているBTS。体調を万全にして、Vのパフォーマンスにも期待したいですね。

これからも、BTS Vのメガネに注目していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA