2021年どんなメガネが流行ってるの?

今、どんな形のメガネが流行ってるの?

いざ、メガネを買おうと思ってお店へ行くと、ズラリと並んだたくさんのフレームから1つを選ぶのって、
大変ですよね。

しかも、買うなら似合う方がいいし…
どうせなら、流行りも気になるし…

はい、ズバリ教えちゃいます!
今、流行りのフレーム。

クラウンパント

です!

どんな形なのか、詳しくこれからご紹介したいと思います。

クラウンパントって?

ボストン型と呼ばれる「丸み」が特徴の眼鏡のデザインは、ヨーロッパでは「パント」と呼ばれています。
この「パント」にも、いくつか種類があり、中でも40年代から50年代にフランスで人気だったのが
「クラウン パント」です。

全体的に丸みがあるのが「パント」ですが、「クラウン パント」はフレームの上の部分が、
真っ直ぐな直線的なラインを描きます。
丸みのある眼鏡の上の部分を「スパっ」と切ったようなデザインになり、全体的に重心が下に落ちたように見えるのが特徴。独特の個性的なデザインなので、基本的に掛けると強い印象を与えます。

クラウンパント型のフレーム

2021年これをかけていれば、間違いなし!
男女ともにかけられるフレームです。
代表的なフレームをご紹介いたします。

PARIS MIKI Authentic Eyewear 055

クラウンパント型。眉部の角は柔らかく角が立たないようにラインが引かれ、クセのない掛けこなしやすいデザインにまとめられています。モダンはCP(セルロースプロピオネート)製で、形状安定性があり、素材的にも肌に優しく安心な素材です。表面処理はニッケルレスとなっており、アレルギーの心配も少なく安心して掛けられる仕様。

PARIS MIKI Authentic Eyewear 022

細身なメタルリムに、イタリア製のアセテートを巻いた、トレンド感の高いコンビネーションモデル。
エングレーブ(彫金風プレス)が入った繊細で細身なデザインのチタンテンプルは、そのバネ性を活かすことで変形を防ぎ、抜群の軽さと掛け心地を実現しています。2サイズから、よりお顔にフィットするサイズを選べます。

もう1つおススメ「オクタゴン」

「クラウンパント」と同じく、間違いなくおしゃれに見えるフレーム、
「オクタゴン」です!
オクタゴン=八角形、クラッシック感を残しつつ、おしゃれ度もアップ。顔型、年齢問わず、誰にでも合う形です。

PARIS MIKI Authentic Eyewear 056

角を尖らせない掛けこなしやすいラインを描く八角形“オクタゴン”は、クセのないバランスの取れたレンズシェイプです。使用しているメタル素材は、オールチタン製で軽量・高強度を誇り、細身でも日本製らしいしっかりとした掛け心地を演出。 モダンは CP(セルロースプロピオネート)製で、形状安定性があり、素材的にも肌に優しく安心な素材です。

まとめ

今、流行りのフレームといえば、
「クラウンパント」と「オクタゴン」で間違いないです。
今回は、PARISMIKIのメガネからご紹介しましたが、どこのお店でも必ず置いてあるアイテムです。

ぜひ、店頭で実際に掛けてみることをおススメします。

似合わないかも…って思っているあなた。
ぜひ、「クラウンパント」挑戦してみてください。

自分に合った、自分だけのフレームをかけて、快適に過ごしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA