100均の老眼鏡、どれ選べばいい?

最近、近くが見えにくくなってきたから、100均の老眼鏡を買おうと思ってるんだけど、
度数がいろいろあるから、どれ選べばいいのかな?

なんでも揃っているダイソーやセリアなどの100均。
度数の入った出来合いの老眼鏡(既製老眼鏡)まで売っているなんて、もう、メガネ屋いらないですよね。

老眼は必ず誰しも加齢とともに訪れるもの。

そう、40歳オーバーなら近くが見えにくくなるのです、必ず。

40オーバーのお母さんやお友達。LINEの誤字がちょいちょいありませんか?

そんな時に、必要なのが老眼鏡。

えっ?40歳超えたらみんな必要になってくるのに、
100均でみんな買わないの?
うちのおじいちゃん、メガネ無しで近く見てるよ。

老眼は、100均では解決できない「真実」があります。

その老眼の真実について、説明したいと思います。

既製老眼鏡の度数のめやす

出来合いの老眼鏡を販売しているお店では、店頭に上記のような度数のめやすがあると思います。

40歳なら、+1.00
50歳なら、+2.00

これでよく見える人は、普段遠くを見る時にメガネを必要としない、
いわゆる、「眼がいい人」です。

この通り、年齢通りに度数を選べばよいのですが、
これに当てはまらない方も多いのです。

少し距離を離した方が、ピントが合うんだけど?

その理由として、
①もともと近視である。
②もともと遠視である。
③左右の視力に違いがある。

近視の人の場合

もともと近視の人は、メガネを外せば近くが見えることが多いのではないでしょうか?

近視の場合
50歳で-2.00という度数のメガネを掛けている方が、
50歳だから+2.00の老眼鏡を買ったとします。
-2.00に+2.00を合わせると、±0ですよね。

±0ということは、ゼロなので、近くを見る時はメガネはいらないわけです。

この人がどうしても老眼鏡を掛けたいなら、
普段遠くを見るために掛けているメガネの上に、老眼鏡をかければ近くが見えます。

でもそれは、現実的ではないですよね。
普段掛けているメガネを外せばいいだけですから、その方が簡単です。

遠視の人の場合

遠視の人の場合は、この既製老眼鏡でショックを受けてしまう人が多いのですが、
安心してください、これからきちんと説明します。

遠視の場合
50歳で+2.00という度数のメガネを掛けている方が、
50歳だから+2.00の老眼鏡を買ったとします。
+2.00に+2.00を合わせると、+4.00ですよね。

こういう人は、+2.00の既製老眼鏡では見えません。
+4.00を買わないとダメなのです。

+4.00の老眼鏡を選ぶのは、先ほどの表だと70歳なんです!

50歳
50歳

だから、まだ50歳なのに70歳の眼になってしまったのか~
もう、終わりだ~

って思ってしまうでしょうが、これは違うんです。
もともと遠視の方は、+2.00だったり、+3.00だったりと
プラスの度数が遠くを見る時に必要なので、それにさらに近くを見る時に必要な調節力が加わると
+4.00や+5.00になってしまうんです。

心配しないで、50歳は50歳です。
眼だけ年をとることなんてないですから。

左右の度数に違いがある場合

左右の眼の度数に違いがある場合も、この既製老眼鏡では近くが見えにくい場合があります。

50歳で右目がー2.00、左目がー0.50のメガネを掛けている人は、
左右同じ度数の既製老眼鏡ではピントは合いません。

右目ではピントが合うけど、左目では右目と同じ位置でピントが合わないということに。

自分は近視?遠視?

普段メガネを常時掛けている人であれば、
自分が近視なのか?遠視なのか?
知っているかたが多いと思います。

眼科に行って視力測定をした時にも診断されますし、
メガネ屋でもそう言われることがあるからです。

今までメガネを掛けて来なかった人や、
掛けていても知らない方は、
ぜひ、この機会に眼科で視力チェックをおすすめします。

眼科へ行くのは面倒というかたは、
メガネ屋でもチェック出来るのでぜひ視力を見てもらいましょう。

まとめ

とりあえずの老眼鏡で、100均で買おうと思っている方。
度数のめやすは、あくまでも、遠くを見る時にメガネを掛けていない方用のめやすです。

近視の方も、遠視の方も、既製老眼鏡では度数が合わないことが多いです。

眼科やメガネ屋で視力をチェックしてから、購入するといいでしょう。

自分だけの自分に合ったメガネをかけて、快適に過ごしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA