韓国ドラマ「その年、私たちは」のあの人のメガネって?

主人公のウンにはまってて…
OSTもVだし、イイわ〜

昨年12月6日よりNetflixで配信がスタートした韓国ドラマ「その年、私たちは」が、口コミ人気などでNetflixの日本のランキング「今日のTOP10」(1月22日時点)で上位にランクインし、注目を浴びています。

主演を務めるのは、映画『パラサイト 半地下の家族』(2019)の長男役で知られるチェ・ウシクと、ドラマ「梨泰院クラス」(2020)のヒロイン、チョ・イソ役で大ブレイクしたキム・ダミ。

チェ・ウシク演じる主人公ウンは、無気力でマイペースなのんびり屋。でも、画家という仕事の上ではプロとしての責任感ある一面も見せて、元カノへの思いも馳せながら苦悩していく青年を存分に描いてくれてるのですが、

なんか、見ちゃう。なんか気になる…

っていう人が多いと思います。もう、そうなってるって事は、ハマってるって事ですよね(笑)。

主人公ウンが、絵を描く時に作業場でメガネをかけるシーンがありますが、またそのメガネがズルいくらいに似合ってるんです。

このメガネを追っかけていきたいと思います。

「CARVEN」

このドラマでチェ・ウシク演じるウンがかけているメガネは、「CARVEN」のものです。

「CARVEN EYEWEAR」は、「CARVEN」のオリジナルブランドとして2014年韓国で発売されました。

クラシックでユニークなデザインと細かいディテールを備えた豪華でスタイリッシュな製品を提供しています。

「CARVEN」は、フランスのファッションブランドとして、1945年にマダム・カルヴェンがオートクチュールメゾン「CARVEN」を創立。
ファッションのイノベーターとして多くの人が楽しめるパリらしいファッション、フレッシュでスポーティなスタイルを提案しています。

「CARVEN」HOLLA col.05

フレームカラー クリスタル
スクエアシェイプ

透明感のあるクリアなカラーがウンの純粋な性格にピッタリで、
さらにカッコ良く、仕事が出来る男性を表現しているかのよう。

BTS Vのメガネ追っかけてみた(BANGTAN BOMB編)

まとめ

今回、ドラマで着用していたメガネは、「CARVEN」のものでした。

メガネは顔の中心にあるもの。どういうメガネをかけるかで、雰囲気も変わってきます。
「見え方」も大事ですが、「見られ方」も重要です。

韓国ではクリアなフレームが多いですが、日本でももちろんあります。
男女問わずかけられるカラーなので、ぜひ挑戦してみてください。

これからも、チェ・ウシクのメガネに注目していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA