金属アレルギーでメガネがかゆくなるんだけど?

金属アレルギーだから、メタルフレームとかかゆくなっちゃう場合、
どうしたらいいの?

ピアスやネックレス、指輪など接触している皮膚が赤くかぶれてしまうことありますよね。
メガネでも同じことが起こることがあります。

これを「金属アレルギー」といいます。

どうしてこのような症状になるのか?
金属アレルギーの場合はどういうフレームを選んだらいいのか?

これからご説明させていただきます。

金属アレルギーとは?

アクセサリーやメガネなどをくりかえし身に付けていると、その金属が汗や体液などでわずかながら溶け出し、
イオン化した金属が身体に入り込みます。
その後、同じ金属に触れると、拒絶反応を起こして、皮膚の表面がかぶれる場合があります(アレルギー性接触皮膚炎)。

これを金属アレルギーと呼びます。

金属アレルギーは花粉症と同じく、人間がもつ抗体反応の一種です。
ある金属イオンが体内に吸収された場合、その金属イオンを滅殺しようとして体が抗体を作り、次回に同じ金属イオンが体内に吸収されると、前回の侵入時に用意された抗体が金属イオンと激しく反応し、その際に体に腫れやかゆみ・痛みを発病するのもので、ちょうど病原体が体内に進入したときに白血球がその病原体と反応して、腫れや膿みといった炎症を起こすのと同じような作用です。
指輪、ネックレスなど、皮膚に長時間触れたままでいるアクセサリーは、金属アレルギーを起こす原因となりやすいものです。またメガネのフレームも、素材によっては金属アレルギーの原因となることがあります。

金属アレルギーを起こす金属は?

「金属アレルギー」を引き起こす金属として最も多いのは「水銀」で、
他に「ニッケル」「コバルト」「スズ」「パラジウム」「クロム」等が続きます。
反対に、アレルギーになりにくいといわれるのは「金」や「チタン」で、「銀」や「鉄」も汗や体液で溶け出すことはほとんどないとされています。

金属アレルギーを引き起こしやすい金属のうち、「ニッケル」は、メガネとも関係の深い金属です。
長い間、ニッケルはメガネフレーム素材においては合金の形で、またメッキ材や金メッキ等の下地メッキ材として用いられてきました。
ニッケルは、他の金属に比べて溶けだしやすい性質を持っているので、ニッケルを身につけている人が汗をかくと、汗に含まれる塩素イオンの作用でより溶けだしやすくなり、アレルギーの原因となりやすいのです。
しかし、最近ではアレルギー対策として、ニッケルを含まない素材やメッキの下地にニッケルを用いない「ニッケルフリー」の商品が多く出回っています。

金属アレルギーの恐れがある人は、皮膚科に行ってパッチテストを受けるのがおすすめです。自分にどの金属アレルギーがあるかを知っておけば、メガネやアクセサリーを購入する際に、自分がどの金属を避ければよいのか事前に把握しておくことができます。

金属アレルギーになりにくいフレームとは?

樹脂フレーム

最大の特徴は、優れた弾力性。高温・低温による変形・破損しにくい熱安定性を持っているため、経時変化・寸法変化が少ないという利点があります。
また、可塑剤が入っていないため、通常のアセテートフレームよりも肌荒れの心配が少なくてすみますので大変優れた素材です。
樹脂には、いくつかの種類があり、「ウルテム」、「TR」、「ポリアミド」、「リルサン®クリア」、「ナイロンXE」という樹脂です。

チタンフレーム

塩分に対してほとんど錆びないため、汗に強いという特徴があります。
また、非常に軽いので、とても掛けやすい眼鏡を作ることができます。
皮膚のかぶれが起きにくい素材なので、金属アレルギーの方にも安心。最近のメタルフレームではもっともよく使われている材質です。

ゴムメタルフレーム

車のサスペンション用に開発された素材で、軽量ながら、ゴムのような弾力性と、高強度を併せ持つ金属です。
タンタルやジルコニウムなど、人体への影響が少ない金属とチタンの合金なので、金属アレルギーも起こりにくいという利点があります。
他の素材に比べ壊れにくく軽量のため、普段使い用のフレームだけでなく、お子様用のフレームやフィット感のいいフレームにも使用されています。

18金フレーム

腐食しにくく錆びにくいので、耐久性に優れています。
また、柔らかいため、掛け心地の良いメガネを作ることができます。
皮膚のかぶれが起きにくい素材でもありますので、金属アレルギーの方にもおすすめできます。ただ、他の素材に比べると重さがあります。
また、純金では柔らかすぎるため、一般には銀や銅を混ぜたK18やK14が使用されます。

まとめ

長時間つけているメガネ。
特にこれからの季節、メガネフレームの金属に含まれているニッケルが、
汗と反応して金属アレルギーを引き起こします。

メガネを選ぶ際には、デザイン重視ももちろん大事ですが、
素材にも注目したいものです。

自分に合った、自分らしいメガネをかけて、快適に過ごしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA