車の免許で必要な視力は?

車の運転免許には、学科や技術だけでなく、
必ず「視力検査」をパスしなければいけません。

免許の更新の際にも、「視力検査」をして、
パスをしないと、更新できません。

歩行者や信号、標識、さらには前方の車との間隔など、
さまざまな情報を瞬時に見分け、判断する必要があります。


免許取得には必要な視力はどれくらいなのでしょうか。

車の普通免許や原付など必要な視力についてご説明いたします。

運転免許に必要な視力は?

運転免許の取得に必要な視力は免許の種類によって異なります。また両目、片目で合格基準があり、免許の種類によって検査方法も違ってきます。

視力条件
中型第一種免許(8トン限定中型)、準中型第一種免許(5トン限定準中型)、普通第一種免許、二輪免許、大型特殊免許、普通仮免許・両眼で両眼で0.7以上、かつ、一眼でそれぞれ0.3以上
・一眼の視力が0.3に満たない方、若しくは一眼が見えない方については、他眼の視野が左右150度以上で、視力が0.7以上
大型第一種免許、中型第一種免許(限定なし)、準中型第一種免許(限定なし)、けん引免許、第二種免許、大型仮免許、中型仮免許、準中型仮免許・両眼で0.8以上で、かつ、一眼がそれぞれ0.5以上、さらに、深視力として、三桿(さんかん)法の奥行知覚検査器により3回検査した平均誤差が2センチ以内
原付免許、小型特殊免許・両眼で0.5以上
・一眼が見えない方については、他眼の視野が左右150度以上で、視力が0.5以上
出典 警視庁l

視力検査の方法は?

自動車免許を取得の際に行われる視力検査ではランドルト環検査が採用されています。
ランドルト環検査とはアルファベットの「C」のようなマーク(ランドルト環)の空いている方向を指し示す検査方法で、世界共通の最もなじみ深い検査方法といえます。
なお片目の視力が0.3未満または片目が見えない場合は視野検査も行います。

視力検査で不合格になってしまった場合

もし視力検査で不合格になった場合は

  • その場で少し休んでから再び検査を受ける
  • 後日あらためて検査を受ける
  • メガネやコンタクトレンズをつくり、後日再度検査を受ける

のいずれかを選ぶことになります。

視力は体調に影響を受けるので、少し目を休めたりして再度検査を受けると合格する場合があります。
それでも不合格の場合には、後日あらためて検査を受けなくてはいけません。
不合格の場合は検査に必要な証紙などは返却され、次の検査のときに使用することができます。
再検査時に新たに更新費用を支払う必要はありません。

メガネやコンタクトレンズをして合格した場合

メガネやコンタクトレンズを装着して視力検査に合格した場合は、免許証の条件等の欄に眼鏡等の条件が付きます。この場合、運転をするときは必ずメガネ、またはコンタクトレンズを装着して運転しなくてはいけません。
もし裸眼で運転するなどした場合は道路交通法第91条違反として以下の罰則が科せられます。

視力検査の前日はよく寝ること

視力はその日の体調によって影響されることがあるので視力検査には良い体調でのぞめるよう、
体調管理にも留意しましょう。
また視力検査の前日にパソコンなどで目を使いすぎたり、視力検査直前までスマートフォンなどを見ていたりすると、視力検査の結果が悪くなることがあります。
視力検査の前には目を酷使しないよう留意してください。

最近目が見えにくかったり疲れやすかったりする場合は、免許の更新前にメガネ屋で視力の検査をし、
メガネが必要であれば事前に準備をしておくと安心です。

視力検査は何度でも受けることができますが、再検査を受ける間に免許の有効期限が切れてしまうこともあるので、免許の有効期限も合わせて確認しておくようにしましょう。

まとめ

車の免許に必要な視力は、両眼で0.7以上です。
視力は、体調の変化によって影響されるので、
体調管理をして、検査を受けましょう。

そして、視力に不安な場合は、眼科やメガネ屋で視力を測ってもらいましょう。

免許更新の有効期限を必ず確認して、
余裕があるうちに必要ならばメガネを作製してから検査を受けましょう。

安全運転のためにも、視力はとても大事です。
免許の更新時期でなくても、チェックしてもらうと安心ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA