老眼鏡でスマホは見れるけど、パソコンがぼやけるんだけど?

老眼鏡だと、手元のスマホはよく見えるんだけど、
少し離れたパソコンが見えないんだよね…

はい、そうですよね。
老眼鏡かければ、本やスマホはバッチリ見えますが、
少し離れたデスクトップのパソコンが見えにくいと感じるかもしれません。

老眼鏡は、「見たい距離」に合わせるので、
スマホを見る30センチくらいに合わせたら、
パソコンの画面50センチのところでは、ピントが合いません。

じゃあ、どうしたらいいの?
もう1本、パソコン用の老眼鏡が必要なの?

もう1本パソコン用の老眼鏡を買うのも、1つ方法としてはありますが、
掛け替えの手間が面倒ですよね。

そういう方におススメなのが、
「近々両用レンズ」
というのがあります。

近々両用レンズって何?

近用単焦点レンズと近々両用レンズの違い

左図は近用単焦点レンズ

手元の資料はよく見えますが、パソコンの画面がぼやけています

右図は近々両用レンズ
手元の資料もパソコンの画面も、両方はっきり見えています

左図は近用単焦点レンズ
手元のレシピにはピントが合っていますが、少し離れたフライパンはぼやけて見えます

右図は近々両用レンズ
手元のレシピにも、フライパンにもピントが合っていてよく見えます

このように、
手元から少し離れた距離まで見えるのが「近々両用レンズ」なのです。

近々両用レンズをおススメの方

出典 東海光学

老眼鏡が初めての方や、近くの作業が多い方におススメです。
料理なら、レシピを見ながらフライパンや鍋にもピントが合います。
ピアノを弾く方なら、鍵盤も楽譜も見えます。
美容師の方なら、髪の毛を切る手元と鏡に映るお客様の顔を確認できます。

まとめ

老眼鏡で手元は見えるけど、少し離れた距離が見たい方は、
メガネを掛け替えることなく、
「近々両用レンズ」
にすることによって、
手元からパソコンまでスムーズに見ることができます。

メガネ店では、サンプルのレンズもありますので、
興味のある方は、近くの眼鏡店へご相談ください。

自分に合った、自分らしいメガネで明るく楽しく過ごしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA