子どもがこんな紙もらってきたら?

新入学、新学年になって間もなく、
学校では健康診断があります。

お子さんがこんな紙もらってきたりしますよね。


「視力検査結果のお知らせ」

親御さんはちょっとドッキリしてしまうかもしれません。

でも、あわてないでください。
測定結果の見方をご紹介します。

視力測定結果の見方

視力検査の結果を知らせる学校からの報告書には、
現在0.1刻みの視力の値は書かれていません。

見え方の表示の視力のかわりに、
「A」「B」「C」「D」
の4つの記号で行うようになりました。
これを370方式といいます。

学校ではこの4段階の表示を次のように判断して教育上の配慮を行っています。

「A」は視力1.0以上に相当します。
「B」は視力0.9~0.7に相当し、学校生活にはほとんど支障のない見え方です。
「C」は視力0.6~0.3に相当し、教室での授業に多少の影響がみられるため何らかの対策を必要とします。
「D」は視力0.2以下で、教室の最前列でも黒板の字が見えにくいために早急な対策が必要です。

メガネ屋じゃなくて眼科に行ったほうがいいの?

眼科は混んでるかもしれないし、
直接メガネ屋さんに行って作ってもらったほうが早いよね?

いや、まずは眼科へ行きましょう!

眼科へ行くおススメの理由

1.学校検診の視力検査は370方式で、通常の眼科で行っている視力検査とは内容が異なるため
2.すでにメガネを持っている方も、合っているかどうか確認できるため
3.メガネ屋では眼の中までは検査できないため
4.必要があれば、メガネやコンタクトレンズを処方してくれるため

まとめ

お子さんが学校から視力検査結果の紙をもらってきたら、
あわてずに、まず、眼科へ行きましょう。

最近ではメガネをかけている子どもが多いですが、
学校から紙をもらった本人は、親御さん以上にショックなはずです。

子どもも、徐々に視力が落ちていることに気がつかないことがほとんどです。
見えていないことが普通のことと認識しています。

がっかりせずに、まずは眼科でしっかり調べてもらいましょう。
その後、どういう風に対応していけばいいか教えてくれます。

メガネが必要ならば、処方箋を出してもらって、
それをメガネ屋に持っていけば、その通りにメガネを作ってもらえます。

かわいい、カッコいいそのお子さんに似合うものを選んであげてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA