大学病院(待合編②)

産婦人科の待合で待つこと1時間。

そして、

もう1時間すぎ…。

2時間かあ。

なんかトイレにも行きにくくなっちゃうなあ。
この間に呼ばれたら困るしね。

でも、なんかもっといいシステムないのかな。
回転寿司のような、番号システム。
自分が何番目に呼ばれるっていうのを
わかっていたら、
ちょっとお茶でも飲んで来ようかなって出来るしね。

まだ、しばらくかかるかと思います。

しびれを切らしたというか、
不安な方々は受付で自分の番はいつなのかと
聞いてますが、
こんな言葉しか返ってこない。

こりゃ、ダメでしょ。

わかりますよ、診察時間も人によって違うだろうし、
飛び込みで順番抜かしもあるかもしれない。

でも、なんとかならんかなあ?

大きい病院ってそんなもんでしょ。

ってみんなあきらめてない?
少なくとも具合の良くない方が来てるんだから、
もうちょいなんとか出来るでしょ。

予約を入れたけど、
これは何なのかと思ってしまう。

単純に患者数に対して、医師の数が少ない
のか、
予約の枠の時間設定が、
15分に一人とか、
20分に一人とか、
いっぱい詰め込みなのか…

どちらにせよ、患者が多いのか~

こうなってくると、
町のクリニックからどんどん紹介状書いて、
大きい病院に横流ししてるだけな感じもしてくるし。

でも、回転寿司でも出来るんだから、
ここで出来ないなんてないでしょ。

この前、回転寿司の受付でペッパー君いたからね。
そうでしょ、この時代AIとか使ってさあ、

「あと、1時間はお待ちになります」

って、それだけでもわかってたら違うのよ。

いつ呼ばれるかわからない不安

これを何とかしたいわ。

…まだ、呼ばれない。
…もう、もしかして呼ばれた?

今日も誰かがそう思ってますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA