夢と覚悟

東進ハイスクールでのレベル確認テストを終え、
2回目の3者面談を行った。

共通テストと同じレベルのテストらしい。

結果は…

散々なものだった。

英語 30点
数学 25点

もちろん、期待してはいなかったが、
点数がそのまま出るとショックを受ける

高校入ってから、勉強していないのだから
こんなものなんだろうが、
共通テストは学校の教科書の範囲からの出題なので
2割程度しか頭に入ってないと思ったら、
先生に申し訳ない。

東進
東進

テスト、どうだった?

息子
息子

思ったより、難しかったです…

そりゃ、そうでしょう。
結果をみればわかるが、
東進の先生はこれも否定しない。

東進
東進

時間足りなかったでしょう。
問題数も多いしね。

もし、東京理科大を目指すのなら、
今の段階で6割とれていて欲しいと。

今よりも倍の正解率が欲しいと。

点数を倍にするなんて、
そんなことできるのだろうか?

中央大に合格した先輩の成績表を見せてもらった。

この高2の3月の時点で、
今の息子と点数の違いは大きく変わらなかった。

すごい努力をしたのだろう。

頑張るなんて言葉以上に、頑張ったのだろう。

東進
東進

間違くなく、きちんとやっていけば、
理科大も夢ではないです。
覚悟が必要。
「夢と覚悟」これです。

「夢と覚悟」

刺された感じがした。

ズキンときた。

きっと多くの人がこの言葉は大事だとわかっているが、
実行した人はそう多くないと思う。

目標を決めて、
それに向かって進む。

言葉で表すには簡単だが、
「覚悟」が必要だ。

覚悟とは、

危険なこと、不利なこと、困難なことを予想して、それを受けとめる心構えをすること。

「苦労は覚悟のうえだ」「断られるのは覚悟している」

https://www.weblio.jp/

私の人生、振り返ってみて、
覚悟したことがあっただろうか?

避けてきてはいないだろうか?

一生懸命頑張ったことがあるだろうか?

「覚悟」を持ってやったことはあるだろうか?

考えさせられた。

そして、私もこれから「覚悟」をもって取り組んでいきたい。

そう、息子の受験に。

そう、自分のこれからの人生に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA