乱視って何?

眼科行ったら、乱視って言われて…
なんかショックだわ~

こんな風に言われたことありますよね。

でも、ご安心ください。
この「乱視」はそんなに悪者ではありません。

強弱はありますが、
ほとんどの人が「乱視」です。

今回は、この「乱視」についてお話します。

乱視とは?

乱視とは、ものを見るときに焦点が1ヶ所に集まらない状態のことです。
網膜に焦点を結べないことで、文字やものが二重に見える、ぶれて見える、ぼけて見えるなどの症状が現れる原因となります。

乱視の原因とは?

乱視の主な原因は角膜や水晶体の歪みによるものです。
角膜や水晶体がきれいな球面であれば、目の奥の1点で焦点が合います。
一方、ラグビーボールのような楕円面の場合、カーブが緩い方向とカーブがきつい方向ができてしまい、1点で焦点が合わなくなります。
もし目が理想的なレンズを持てば、理論上、乱視は生じません。しかし実際には、大なり小なり歪みがあるのが普通で、そうなると焦点は1箇所に集まらなくなり、像がぼけて見えます。

乱視のセルフチェック

乱視は矯正できる?

大部分の乱視は、近視や遠視と同じように補正レンズ(円柱レンズ)で矯正できます。

軽度の乱視は全く矯正する必要はありません。中等度以上の乱視がある場合に、乱視をどの程度矯正するかが問題になります。
視力測定を行うときには、乱視を全部矯正した方がよく見えるのですが、そのようなメガネを装用しても、日常生活では快適ではありません。
見え方の感じ方は個人差が大きく、その人その人で快適に感じる乱視の矯正量は異なります。
乱視の矯正が多すぎたり、少なすぎたりすると、イライラしたり集中力がなくなったりします。メガネ嫌いになっている人の多くは、乱視矯正に問題があります。

まとめ

乱視とは、水晶体や角膜の歪みで、網膜に焦点が定まらない状態のことです。
みんな目がきれいな球体ではなく、ラグビーボールのように楕円形だったりするためです。

乱視をきっちりと矯正するとよく見えるのですが、
逆に疲れてしまったり、かけられないメガネになってしまいます。

よく見えるけど疲れてしまう方は、乱視の矯正がきついのかもしれません。

不安がある場合は、眼科を受診しましょう。

自分に合った自分らしいメガネをかけて、快適に過ごしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA