メガネフレーム紹介~ラインアート~

メガネのフレームは、海外で大量生産されているメガネ店オリジナルのフレームもありますが、
福井県鯖江市で作られている日本製のメガネフレームもあります。

福井県は「福井市」や「鯖江市」を中心に日本製めがねフレームの約95%を生産し、
世界最高品質のめがねを全国・世界へ届け続けています。

その福井県に数百ものめがね企業が産地内分業によりこだわりの一本を産み出し続けています。
それぞれが専門性や独自の加工技術をもち、互いに支え合い、切磋琢磨しながら、技術開発を続けています。

その中で、人気のある、かけ心地も抜群のフレーム、

ラインアート

をご紹介いたします。

究極のかけ心地

出典 株式会社シャルマン

金属研究の世界的権威である東北大学金属材料研究所との8年に渡る研究開発の結果完成した素材、
それがこのエクセレンスチタンです。
この素材を使用することにより、包み込むようにソフトな掛け心地で、
しかも購入時の掛け心地が長く持続するという、まさにメガネにとって理想的なベネフィットを兼ね備えています。

新しい素材の新しい技術

出典 株式会社シャルマン

車や飛行機の部品接合に用いられる、非常に強度の高い接合が可能なレーザ接合技術。

大阪大学の接合科学研究所、ふくい産業支援センターとの共同開発により、5年の歳月をかけて完成したのがレーザ微細接合です。
従来の方法よりも接合部分の強度が高く、しかも1mm以下というピンポイントでの接合を可能にしたこの技術が、かつてない繊細で美しいフレームデザインを可能にしました。

ラインが織りなす機能美

出典 株式会社シャルマン

軽やかで、掛けごこちがよくて、ずれにくい。
メガネフレームに求められる機能をどこまでも追求し、美しく独創的なデザインが誕生。
三次元多段階フィットをもたらす特許構造や、ねじれに対しても柔軟な素材特性で、フレーム自身が顔にあわせてフィット。
掛けていることを忘れるような心地よさであると同時に、顔の印象を演出するアイテムとしての美しさを兼ね備えています。

おススメの特徴

ずれにくく軽やかなかけ心地

エクセレンスチタンのしなやかなバネ性で、ずれにくいけれどもこめかみを締めつけることがない、軽やかでやさしい掛け心地を実現。
まるで掛けていないかのような感覚。掛けた瞬間に分かります。

日本人に最適なサイズ設計

10年以上に亘り日本人の頭部形状を研究。
そのデータを基に設計したサイズとテンプルの独特な曲線が、頭部の曲面に包み込むようにやさしくフィットします。

心地よい側圧設計

一般的にはフレームのデザインや素材によって側頭部に掛かる力が異なりますが、
長年の研究により、どのフレームでも心地よい最適な側圧になる設計になっています。

安定したかけ心地

頭の形状にそっと沿うような形で幅広に設計されたモダンは、耳の後ろにかかる力を分散し、
やさしくそれでいて安定感のある掛け心地をもたらします。

まとめ

安価なフレームとレンズのセットも良いですが、
日本製のしっかりした技術で、妥協しない機能を兼ね備えた美しいフレームは、
必ず満足するかけ心地で、納得いくメガネライフを送れること間違いありません。

ぜひ、実際にかけてみて、実際にそのかけ心地を体感してみてください。

取扱店は株式会社シャルマンのHPまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA