メガネのレンズはガラス?プラスチック?

メガネのレンズって、ガラス
それとも、プラスチック

答えは、

どちらも正解。
ガラスもプラスチックもあります。

でも、販売されているのは、

プラスチックが97%
ガラスが3%
です。

どうしてプラスチックの方が売れているのか?

自分のメガネのレンズが、
プラスチックかガラスかわからない方も多いと思いますが、

ほぼ、プラスチックと思っていただいて間違いないと思います。

プラスチックレンズの特徴

プラスチックレンズの長所

・軽量で割れにくい
・カラーバリエーションが豊富
・レンズの種類が豊富
・加工がしやすい

プラスチックレンズの短所

・ガラスレンズに比べると厚みが出る
・傷がつきやすい
・熱に弱い

ガラスレンズの特徴

ガラスレンズの長所

・薄く仕上げることができる
・傷、熱に強い
・耐用年数が長い

ガラスレンズの短所

・重い
・カラーバリエーションが少ない
・衝撃に弱い

プラスチックレンズの方が売れている理由は、

軽量ということが1番だと思います。
毎日かけるメガネが重いと、鼻や耳が痛くなったり、疲れますよね。

思わずメガネを落としてしまったりすると、
ガラスレンズの場合、割れてしまうことが多いです。
プラスチックの場合は、傷がつくことはあっても、割れてしまうことはありません。

ガラスレンズはおススメしないの?

ガラスレンズの1番のおススメは、
強度近視の方でどうしてもレンズの厚みが出てしまう方は、
プラスチックよりも断然ガラスの方が薄く仕上がります。

ただ、
フレームの種類によって、ガラスレンズが入らないものもあるので、
強度近視の方にはすべてガラスをおすすめするわけではありません。

また、
最近はガラスレンズを取り扱っていないメガネ屋も多いです。
プラスチックが加工しやすい点があると思います。

まとめ

プラスチックの方が、軽くて加工しやすいという点で、
圧倒的な支持率ですが、

ガラスレンズにも強度近視の方など薄くなるという点で、
メリットもあるので、
自分に合ったレンズを選びましょう。

自分らしい自分に合ったメガネを選んで、
快適に過ごしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA