メガネとコンタクトレンズ、どっちが良い?

高校生
高校生

近視っていわれたから、メガネを作るようにいわれたんだけど、
コンタクトレンズの方がいいな~

大学生
大学生

カラーコンタクトレンズやってみたいし…
メガネはいらないかな。

こんな風に思っている方、多いと思います。


メガネとコンタクトレンズどちらを作る方がいいのか?

正解は、まずはメガネです。
メガネを作ってからコンタクトレンズを作りましょう。

メガネとコンタクトレンズの違いをこれから説明していきたいと思います。

視野の広さ

メガネは、

眼とレンズまでの距離があり、レンズの度数によっては物の大きさが違って見えることがあります。
また、レンズの周辺部などゆがみを感じることもあります。
レンズ内だけの視野になるので、コンタクトレンズに比べると狭くなります。

コンタクトレンズは、

目にくっついているので、物の大きさか変わったり、ゆがみを感じることはほとんどありません。
両手を広げてそれ以上の広い視野を確保できます。メガネと比べると広いです。

高校生
高校生

視野だけで判断するなら、コンタクトレンズだな~

わたし
わたし

まだ、判断するのは早いよ~
次もいくよ~

厚み

メガネは、

近視の場合は度数が強くなればなるほど、周辺部が厚くなります。
遠視の場合では度数が強くなればなるほど、中心部が厚くなります。
左右の度数の差がある場合は、見える物の大きさが左右で変わってくるので、違和感が出ることもあります。

コンタクトレンズは、

度数が強くなれば厚みは出ますが、メガネほどではありません。

左右の度数の差がある場合は、レンズが直接目にくっついているので、見える物の大きさはほぼ変わらず、
違和感も感じることはありません。

大学生
大学生

厚みも出ないし、
見え方も違和感ないなら、やっぱりコンタクトレンズだね~

もうちょっと待って!
まだ続きがあるから~

お手入れと安全性

メガネは、
掛けはずしも簡単で、メガネケースにそのまましまっておけば、壊れる心配もありません。

直接眼球を触ることはないので、眼を傷つける心配はありません。

コンタクトレンズは、

1日使い捨てタイプはお手入れが必要ないが、種類によって洗浄・保存などのお手入れが必要です。
レンズを装用する時に、直接眼球を触るので感染症の危険や、傷つけてしまう心配があります。

大学生
大学生

眼球を傷つけてしまうのは怖いな~
メガネの方が安全なんだね。

そうだね、目に傷が入ってしまうと、コンタクトレンズをすることは出来ないんだよ。
そうなると、コンタクトレンズだけしか持ってない場合、
しばらく、裸眼で過ごさなければいけないんだよ。

高校生
高校生

それは、困るな~
見えないのは困っちゃうよ。

もし、メガネも一緒に持ってるなら、
目に傷が入った場合は、メガネをかけることが出来るよね。
だから、まずはメガネを作ることをおススメするよ。
コンタクトレンズも視野の広さなど長所もたくさんあるから、
メガネと併用して使用するといいね。

まとめ

安全性が高いのはメガネ。
まずはメガネを作って、それからコンタクトレンズを作りましょう。

コンタクトレンズを使いたい時は、どんな時なのか?

スポーツする時だけ使いたい…とか、
外ではコンタクトレンズで、家ではメガネを使用したい…とか、

いろいろなシチュエーションがあると思います。
コンタクトレンズにはそれに合った様々な種類のコンタクトレンズがあるので、
自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

明るく楽しくコンタクトレンズとメガネを使用しましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA