メガネって拭いてもキレイにならないんだけど?

メガネ拭いてるんだけど、キレイにならないんだよね

毎日かけるメガネ、レンズの汚れが気になるとメガネ拭きやティッシュで拭いてみても、
スッキリきれいにならないって感じてる方、多いと思います。

汚れていたり、曇っているととても見えにくいですよね。

メガネを長持ちさせる意味でも、簡単なお手入れ方法をお教え致します。

やってはいけないメガネのお手入れ

強くゴシゴシ拭いてしまう

ついつい汚れが落ちないからと、力を入れて拭いてしまうと、レンズに傷が入ってしまう原因になります。

ネクタイやシャツのすそで、拭いてしまう

これもついついやってしまいがちですが、ネクタイやシャツの裾などでとりあえず拭いてしまうと、
ネクタイの汚れや繊維などがレンズを傷める原因となります。

やっはいけない使い方

メガネケースに入れず、そのままで引き出しやカバンなどにしまうと他のものとぶつかって傷が入ってしまいます。
一旦、メガネをはずして机に置く時は、レンズを下向きにせず、レンズは上に向くように置きましょう。

一度付いた傷は、元通りにはなりません。
研磨したり、加工したりして傷がなくなることはありません。
新しいレンズを入れ替えないとダメなのです。

ちょっとしたことを気をつけるだけでも、メガネに傷が入ることなく、長く使えます。

正しいメガネのレンズの拭き方

①水洗い
水道水でレンズの表面のホコリや砂を洗い流します。

②水気をとる
ティッシュペーパーで軽くレンズの抑えるように水気を拭き取ります。

③きれいな布でレンズ拭き
拭くレンズの外側を持ちながら、レンズをやさしく拭きます。

レンズを洗うときは、必ずお水で洗ってください。
最初に水で洗い流すだけでもスッキリします。
もし、油分が付いている場合は、食器洗い用の中性洗剤を1滴垂らして、全体的に指で伸ばし、
それからお水で洗い流せば、完璧です。

まとめ

メガネのレンズを拭いてもキレイにならない方は、
汚れやほこりが付いたまま拭いて、ただ汚れをレンズの表面にのばしているだけなのかもしれません。

まずは、水洗いすることで汚れを落とせば、キレイに拭くことができます。

長持ちさせるためにも、ネクタイやシャツのすそで拭くことはしないで、使用しない時は必ずケースにしまうようにしましょう。

メガネはとてもデリケートです。
キレイに、大事に長く使えるように、お手入れもしていきましょう。

自分だけの、自分らしいメガネで、快適に過ごしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA