メガネってどのくらいもつの?

メガネの寿命ってどのくらいだと思いますか?

一般的に、
3年くらいだといわれています。

もちろん、
フレームの種類によっても違いますし、
使用頻度にもよりますが、

だいたい3年前後です。

メガネの寿命が3年って短くない?

メガネのレンズは、ほとんどがプラスチックで作られています。

1日中メガネを掛けていれば、
太陽の日差しにさらされることもありますし、
ホコリや砂で細かい傷が入ってしまうこともあります。

プラスチックレンズは紫外線や熱で経年劣化すると、
購入当初は透明だったレンズが、だんだんと黄ばんできます。
徐々に変化していくのであまり気づかないこともありますが、
見えにくくなったのは、視力が原因ではなくて、
このプラスチックレンズの経年劣化によるものも多いです。

まだ見え方が大丈夫だからずっと使ってていい?

見え方に問題もなくて、
特に使っていても問題がなければ、そのまま使ってしまいますよね。

視力も年齢によって変わりますし、
仕事や環境によってメガネを使うシチュエーションも変わりますから、
1年に1回、もしくは、2年に1回は視力チェックをおススメします。

度数が変わっているのに気づかないで、
無理して頑張ってメガネを使い続けていると肩こり、頭痛の原因にもなります。

メガネをいつ作ったか覚えてますか?

メガネをいつ作ったか、覚えてますか?

この質問に答えられる方は、なかなかいないです。

まだ新しいんだけど、
メガネが壊れちゃって…

そんな方も、実は5年くらい経っていることが多いです。

子どもの場合だと、背が伸びるのと同じように、
視力の変化もあり、毎年学校で視力測定があるので、
「新しいレンズにしてください」
と、学校から紙をもらったりするので、
定期的に眼科やメガネ屋に行くので覚えていると思いますが、

大人になると忙しいのもあり、
視力がそこまで変わらないと眼科に行くこともあまりなくなり、
いつ作ったのかすっかり忘れてしまいます。

では、どうすればいいか?

定期的にメンテナンスをしよう

メガネをいつ作ったか忘れてしまうので、

定期的にメガネ屋に行けるといいですよね。

お店によっては、定期点検を設けているところもあるので、
それで確認できますが、
それがない場合は、
自分の誕生日など節目で視力のチェックをしてもらうと
メガネの状態もチェックしてもらえるので安心です。

まとめ

メガネの寿命は、
フレームの種類によりますが、だいたい3年前後。

見え方は変わらなくても、レンズの劣化は必ずあります。

誕生日などの節目で、フレームとレンズをチェックして、
さらに、自分の視力もチェックして、
ベストな状態で毎日を明るく過ごしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA