プールの時、コンタクトレンズしたままでOK?

水泳のときに、コンタクトレンズはつけたままでOK?
ゴーグルすればOK?

これからの季節、海やプールでは、周りの景色がハッキリ見えていたほうがいいですよね。

でも、コンタクトレンズをつけたまま泳ぐのは「ダメ」です。

その理由を解説します。

水泳時のコンタクトレンズ装用がダメな理由

プールの消毒剤としてよく使用されている塩素は、眼障害を引き起こす可能性があるといわれています。
塩素で汚染されたコンタクトレンズを使っていると、目のトラブルを招く可能性があります。

感染症を引き起こす可能性

コンタクトレンズを装用していると、海水やプールの水に含まれる雑菌が目に付着する可能性を高めてしまいます。
コンタクトレンズ装用時は、裸眼の時と比較すると涙による目の洗浄作用が弱まり、
眼の中での最近の繁殖が進んでしまうことがあります。

水泳をする際は、度付きゴーグルを利用する

コンタクトレンズの変形や感染症防止のために、レンズを装用した状態で上からゴーグルをすればいいと、
考える人も多いと思います。
しかし、ゴーグルのずれによって、目に水が入ってくることもあるため、水泳をする際は、
コンタクトレンズをはずして、度付きゴーグルを利用することをおすすめします。

まとめ

目の健康を守るために、海やプールなどで水泳をするときは、
コンタクトレンズをはずしてください。

コンタクトレンズをはずすとよく見えない場合は、度付きゴーグルを使用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA