スタートは貧血

こんにちは、ひよやまです。

卵巣嚢腫と子宮筋腫が判明したきっかけは、

「健康診断」です。

会社で1年に一度行われてるというか、

行かないといけないんですよね。

パートやアルバイトで働いていて、

ご主人の扶養内で働いてる方は、ご主人の会社から奥様へ健康診断の案内がきますよね。

私もそうでした。

結婚してからずっと。かれこれ20年くらい。

でも、1度も行ってませんでした。

はい、健康診断へ。

ただ、子どもが2人いますので、

出産のときと、子どもの定期健診でママも一緒にやるみたいな、

そんなときぐらいしかやってませんでした。

健康に自信があるわけでもなく、

毎日運動していたわけでもないですが、

独断で別に症状がないから大丈夫だろうと。

まあ、子どもが小さいとそれどころじゃなくて、

日々の生活に追われてしまうというか…

面倒くさいのもあり…

で、ようやく子ども達も大きくなって、

パート時間数も増えて、

扶養から外れるようになって、

はい、やっと「健康診断」へ行きました。

結果は、

『貧血』

でした。

ヘモグロビン値 基準値 12.1~15.2 g/dl

        わたし 10.7 g/dl

専門的なことはわかりませんが、

「要再検査」でもなかったため、

スルーしてました。

会社の人にも、

ちゃんと食べてないからじゃないの~?

なんて言われて、

そうなのかな…って、あまり深く考えてませんでした。

ただ、一つ引っかかっていたのが、

「なんで、貧血なのか?」

「どうしてヘモグロビン値が低いのか?」

は、気になっていて、

今まで生きてきた中で一度も指摘されたことのない項目だっただけに、

どこかで引っかかっていました。

でも、症状がないからね。

はい、そのまま1年間ほおっておきましたよ。

たまたま、数値がその時だけ低かったのかもしれない…

朝ごはんも抜いてるしね… ←関係ないしね

って、都合のいいように解釈しちゃってね、

1年過ぎて、はい、また「健康診断」の時期がやってまいりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA