サングラスのカラー、それぞれ特徴ってあるの?

サングラスのレンズカラー、目に良いとか色によって特徴あるの?

サングラスを選ぶ際、何となく気に入ったレンズカラーを選んでいる人も多いのでは?
カラーレンズには幅広いバリエーションがあり、それぞれ異なる特徴や効果があります。
おしゃれの一工夫として、カラーやコントラストにも注目しましょう。
レンズカラーを系統ごとに分けてご紹介します。

レンズカラーの特徴

ブラウン系

まぶしさ防止に加えて、コントラストをはっきり見せてくれる効果があります。
天気の悪い日のドライブやゴルフなどのフィールドスポーツに適しています。
柔らかいブラウンなら安らぎや穏やかな印象に、オレンジに近いブラウンならアクティブな印象に見せてくれます。
肌なじみの良い色なので、サングラス初心者さんにおすすめのカラーです。

グレー系レンズ

まぶしさを抑える効果が高く、光を均一にカットするので見え方が自然です。
色の変化が少ないので、景色を楽しみたいドライブやマリンスポーツに活躍します。
グレーは無彩色で、他の色との相性が良く、服やメイクの邪魔になりにくいので、取り入れやすいカラーです。
黒いフレームのサングラスとの相性が良くクールでスマートな印象を与えます。

グリーン系レンズ

目が疲れにくく、視界に違和感を感じさせないので、アウトドアや普段使いなど、幅広いシーンで活躍してくれます。
青や赤系の光を抑えるため、まぶしさをおさえつつもしっかりと自然に近い色合いで見えるため、サングラスを初めてかける人でも抵抗を感じることなく使用できます。
爽やかな印象を与えてくれるので、若々しいイメージになりたい方におすすめです。

ブルー系レンズ

イエロー・オレンジ系の光をカットしてコントラストを下げる効果があり、目が疲れにくいのが特徴です。
車のライトなどまぶしく感じる光を抑えるので、運転に向いています。
目元の透明感を引き立て、爽やかさ、知性やクールさを印象づけるカラーです。 涼しさを感じさせる色なので、夏の定番レンズカラーです。

ピンク系レンズ

ピンクのレンズカラーは、日差しを遮る効果はそれほど高くはありませんが、視界が明るくコントラストをはっきり見せる効果もあるため、雨の日や曇りの日でも景色が見やすいです。
ファッション性が高く肌の血色を良く見せてくれる効果があります。
肌のトーンが上がって綺麗に見えるので、健康的なイメージを与えられます。

イエロー系レンズ

太陽光が届きにくい曇りや雨の日、夕方など視界が悪い時に活躍し、クリアな視界を確保できます。
明暗をはっきりさせることで凹凸を目立たせます。
日差しを遮る役割があまりないカラーなので、高いUVカット効果のあるレンズをおすすめします。
明るく元気で「ビタミンカラー」などとも呼ばれるイエローやオレンジは、明るく社交的な印象を与えます。

その他おススメレンズ

クリアレンズ

カラーがついてなくても紫外線カットできるレンズがあります
シーンやファッションを選ばず使うことができ、屋外はもちろん、屋内でもかけっぱなしでも大丈夫。
わざわざ掛け替える手間がかかりません。
色のついたレンズのサングラスに抵抗がある方は、伊達メガネ感覚で掛けてみるのはいかがでしょう。
透明なので通勤・通学におすすめです。

ミラーレンズ

ミラーレンズは鏡のように物が反射して写るレンズのことを言います。
太陽のまぶしい日差し(透過光以外)を反射する効果があるので、まぶしさを和らげる他のレンズに比べ、目をしっかり保護します。
目元を隠すので、クールな見た目を演出します。
インパクト抜群で派手な印象ですが、フレームが細めでレンズも小さいものなら、ファッションのさりげないアクセントにも取り入れやすくなります。

まとめ

サングラスのレンズは種類によってそれぞれ特徴があります。
また、レンズのカラーは見た目の印象やファッションに影響するので、
たくさんあるレンズの中からぴったりのものを選ぶのはなかなか難しいものです。

パッと見た、第一印象で好きなカラーを入れるのも一つの方法です。
好きなカラーを身に着けるのは気分も上がり、ストレスが少なくなります。

お気に入りのサングラスをかけて、この夏を乗り越えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA