コンタクトレンズの「DIA」って何?

コンタクトレンズの箱に「DIA」って数字が書いてあるけど、
それって何?

コンタクトレンズの外箱やパッケージに「DIA」って書かれてますよね。

これは、英単語「Diameter」の頭文字をとったもので、コンタクトレンズの直径を意味しています。

日本人のくろ目の大きさは、年齢や性別による差はほとんどなく、平均して11~12mmといわれています。
ソフトコンタクトレンズのDIAは、13~15mmと、角膜よりも少し大きいのが特徴です。
一方、ハードコンタクトレンズの場合、角膜よりも小さい9mm程度です。

DIAと着色部外径の違い

サークルレンズ・カラーコンタクトレンズの場合、DIAとは別に「着色部外径」というものがあります。
着色部外径とは、サークルレンズ・カラーコンタクトレンズの着色された部分の大きさのことです。
コンタクトレンズ自体の直径であるDIAよりも小さいサイズになります。

同じDIAでも、着色部外径やデザインの違いにより、くろ目の見た目は変化します。
例えば、同じDIAのコンタクトレンズでも、着色部外径が13.6mmと13.8mmでは、13.8mmのほうが大きく感じられます。
コンタクトレンズはあくまでも高度管理医療機器です。デザインだけでは選べません。
必ず眼科医と相談の上、装用しましょう。

DIAの単位

DIAの単位はミリメートルです。
例えば、「DIA 14.2」と書かれている場合、直径14.2mmのコンタクトレンズということになります。

DIAを確認するには

DIAは商品の外箱やパッケージまたは処方箋に明記されているので、そこから数値を確認することができます。

まとめ

コンタクトレンズのDIAとは、ミリメートル単位でレンズの直径を表すものです。
ソフトコンタクトレンズの場合、同一製品であればDIAが1サイズしかない場合がほとんどです。
DIAの数値は商品の外箱やパッケージまたは処方箋に記載されています。

購入する際は、必ず眼科医のもと検査・診断を受けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA