コンタクトレンズが曇るんだけど?

コンタクトレンズが曇って見えにくい時があるんだけど、
メガネが曇るのと同じなの?

ソフトコンタクトレンズ、ハードコンタクトレンズ、使い捨てのコンタクトレンズ、
すべてのコンタクトレンズにおいて、曇って見えにくい時、ありますよね。

これは、メガネが曇るのと同じではありません。
メガネは結露によって曇りますが、
コンタクトレンズは、違います。

ざっくりいうと、「レンズの汚れ」です。

何の汚れなのか?どうして汚れてしまうのか?

これから説明していきますね。

コンタクトレンズがくもる原因

涙の成分

涙に含まれるタンパク質や脂質の付着が考えられます。
それらがレンズに付着、蓄積することで、くもりの原因となることがあります。

ハードコンタクトレンズの場合は、目とレンズのカーブが合っていないと、
涙液交換が出来なくなりくもりの原因となることもあります。

目の乾きが原因の脂質汚れとは、涙の量が少ない人に水分の蒸発を防ぐ目的でまぶたから脂質が多く分泌され、目に溜まった脂質がレンズに付着して起こります。

化粧品などの付着

化粧品やハンドクリームなどに含まれる油分も、コンタクトレンズがくもる原因として考えられます。
油分がレンズに付着することで、レンズのくもりにつながります。

  • 化粧をした後そのままコンタクトレンズを装着
  • ハンドクリームをつけた後、そのまま装着
  • 日焼け止めをつけた後、そのまま装着

ファンデーションなどのメイク用品がレンズに付着するとレンズはすぐに曇ってしまい、汚れを落とすのはとても大変です。

コンタクトレンズのくもりを予防するには

コンタクトレンズをつけはずしする前に、手についている汚れがレンズに付着しないよう、
石鹸を使って念入りに手を洗ってください。

2weekタイプのレンズの場合、くもりの原因となる汚れを除去するためにレンズをケアする際はしっかりとこすり洗いしましょう。
ケア用品の取扱説明書に従い、正しいケアを行うことが大切です。

また、レンズに化粧品が付着しないように、コンタクトレンズは化粧をする前に装用するようにしましょう。
また同じ理由で、化粧を落とす際もレンズをはずしてから行ってください。

まとめ

コンタクトレンズがくもる原因は、
涙の成分と化粧品などの汚れの付着です。

くもらないようにするためには、
装着前に必ず石けんで手を洗うようにしましょう。

繰り返しの洗浄でも曇りが改善されない場合は、コンタクトレンズの購入先や眼科で、目やコンタクトレンズのチェックを受けるようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA