まだまだ桜が見れる「目黒川」

本日、2021年4月8日。
目黒川といえば、約4キロにわたり桜並木が有名ですが、
ほとんど散り葉桜になってまいりました。

でも、まだ桜あります!

まだ見れます!

それが、この「カンザン」です。

カンザン

欧米で最も普及している日本原産のサクラであり、ソメイヨシノに比べて寒冷地でも生育が良好である事、小型で庭植えしやすい事、花が大きく花弁の濃い紅色が現地人の美的感覚に合致する事で、広く育てられている。
塩漬けの桜にされ桜湯の素となることも多い。
ヤエザクラの中では最も一般的な栽培品種であり、鑑賞性の高い花色で、樹勢強健で育てやすい。

まだまだ楽しめる桜。
お散歩していても気持ちいい季節。
春を感じに行きませんか?
たくさんのお花たちがあなたを応援していますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA