「駒繋神社」蛇崩川緑道お散歩

蛇崩川緑道の途中に、「駒繋神社」があります。

蛇崩川馬事公苑(世田谷区上用賀二丁目1番1号)付近を源とし、中目黒駅下流で目黒川に合流する目黒川の支流のひとつです。緑道として整備されている所が多く、川すじをたどることができます。

目黒から世田谷にかけて、川に沿って芦毛塚下馬上馬駒繋神社など、馬にまつわる地名があり、源義家、頼朝の奥州遠征に関わる言い伝えがあります。

駒繋神社のご祭神

大国主命

大国主命を祀る神社は多数あります。代表的な神社として、出雲大社や神田明神などがあります。

概要

平安時代後期の天喜4年(1056年)、源頼義・義家父子が朝廷の命令を受け、奥州安倍氏征伐に向かう際ここに立ち寄り、戦勝祈願をしたという説があります。
のちの文治5年(1189年)、源頼朝が奥州藤原泰衡征伐の際、源義家の古事にちなみ戦勝祈願を行い、社殿脇の松に馬を繋いだという言い伝えがあり、現在の神社名の由来になっています。

アクセス

〒154-0002
東京都世田谷区下馬4丁目27番26号

 ・渋谷駅より、東急バス渋32~34に乗車
  「下馬1丁目」下車 徒歩5分
  「駒繫神社」下車  徒歩3分

 ・東急東横線 「祐天寺駅」西口から徒歩15分

・東急田園都市線「三軒茶屋駅」から徒歩20分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA