「大森貝塚」

大森貝塚(おおもりかいづか)は、東京都品川区から大田区にまたがる縄文時代後期~末期の貝塚です。

貝塚とは?

貝塚とは、「原始~古代」の人々が捨てた貝殻が積み重なったもので、貝殻だけではなく、獣の骨や土器、焼土や灰なども一緒に捨てられ『堆積層』ができ上がったものです。

大発見!

貝塚の発見は1877年(明治10年)6月、横浜から東京へと向かう列車の窓からでした。発見者の名前は、『エドワード・シルベスター・モース』(Edward Sylvester Morse)、アメリカの動物学者です。腕足類の研究のために来日したモース博士が大森付近の崖に貝殻が堆積しているのを列車の窓から発見します。これが、『大森貝塚』です。

発見から3ヶ月後、9月から発掘調査が始まります。この発掘が日本で初めての学術的発掘で、発掘報告書もまとめられたことから、『大森貝塚』は「日本考古学発祥の地」と呼ばれています。

ふたつの碑

『大森貝塚』には、ふたつの石碑が存在します。ひとつは、品川区側の『大森貝塚遺跡庭園』(品川区大井6-21)、もうひとつは大田区側(大田区山王1丁目)です。
モース博士が詳細な発掘場所を書かなかったことなどにより、長い間、発掘地点について品川区説と大田区説のふたつが存在していましたが、その後の調査によりモース博士が初めに発掘したのは、品川区側ということがわかりました。品川区側の『大森貝塚遺跡庭園』には横書きで『大森貝塚』、大田区側には縦書きで『大森貝塚』とそれぞれの石碑に書かれています。

品川区側

大森貝塚遺跡庭園

大田区側

石碑のみ建ってます

縄文時代を想像しながら、ブラブラしてみるのもたまにはいいですね。
『大森貝塚遺跡庭園』に隣接する、『品川区品川歴史館』にもより詳しく資料がそろっているので、
行ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA