「おはぎ」と「ぼたもち」

たまに食べたくなる「おはぎ」
お彼岸の季節になるとスーパーにも並ぶ。

「おはぎ」と表記されているものもあれば、
「ぼたもち」というものある

「おはぎ」と「ぼたもち」は、作る季節の違い

「おはぎ」の「はぎ」は、秋の七草の「萩」からきているといわれている
「ぼたもち」の「ぼた」は、春の「ぼたん」、「ぼたんもち」から「ぼたもち」といわれている

秋は「おはぎ」、春は「ぼたもち」という説もあるが、
地方によって呼び名が違い、東京では春も秋も「おはぎ」という

さらに、「半殺し」と「皆殺し」などという、穏やかではない呼び方をする地域もある。
「半殺し」とは、ごはんを潰す際に粒が残る状態にしたもの。粒が残らない滑らかな状態にしたものが「皆殺し」で、「全殺し」や「本殺し」とも呼ばれる。米の潰し方ではなく、あんこによって呼び方を分けている地域もあり、粒あんは「半殺し」、こしあんは「本殺し」。  
       ぼたもちとおはぎの違いってご存知ですか? そしてこんな雑学が? | Sweeten the future (kanro.co.jp)

お彼岸に「おはぎ」や「ぼたもち」を食べるわけ

彼岸とは簡単にいえば「向こう岸」のことだが、仏教用語としては、我々の生きる世界「此岸」に対し、亡くなった人たちが住む世界である「極楽」を意味する。

古来から赤という色には災難が降りかからないようにする魔除けの効果があるとされていたことによる。
赤い小豆は五穀豊穣を象徴する米と組み合わせて祭事に用いられてきた。
ぼたもちやおはぎ以外にも、小豆と米の組み合わせによる食べ物として赤飯が挙げられる。邪気を払い、先祖の霊を慰めるために、お彼岸におはぎやぼたもちが捧げられてきた。


現在では、一年中スーパーに並べられているが、天気や自然、風習を感じて食べるのも、
ご先祖様を感謝するのと同時に、深い味わいをもたらせてくれるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA